泌尿器科疾患について

診療案内

 泌尿器科は排尿に関与する臓器及び男性器・男性生殖器を扱っています。

特におしっこに関しての症状は年齢のせいであると、諦めておられる患者さんも多いように思われます。
下記のような症状が認められる場合には泌尿器疾患の可能性があります。
どのような些細な相談でもお話をお伺い致しますので、泌尿器科専門医の受診をお勧め致します。

男女共通の症状

男女共通の症状
  • 肉眼的血尿・検診にて血尿を指摘・下着への血液付着
  • 尿が出づらい・残尿感などの排尿困難
  • 頻尿・尿意切迫感・尿漏れなどの蓄尿障害
  • 排尿痛・会陰部の違和感など
  • 腎結石・尿管結石(腰背部痛の原因となります)を指摘
  • おもらし(夜間・昼間)

男性特有の症状

男性特有の症状
  • PSA高値を指摘された
  • 精巣(陰嚢)が腫れてきた
  • 精巣が陰嚢内に触知しない
  • 陰茎が腫れた・潰瘍・カリフラワー状のおできができた
  • 尿道から膿が出てきた
  • 性機能の低下がみられる
  • 陰茎包皮が反転しない

女性特有の症状

女性特有の症状
  • 尿道の出口にできものができた
  • 咳やくしゃみでもれてしまう
  • 何かがはさまった感じがあって排尿がしにくい
  • おしっこがたまると痛くなる